2005年12月22日木曜日

電子書籍の時代が来る?

Ruby on RailsのPDF bookを購入しました。

電子書籍はPalmで読むテキスト形式のものというイメージを持っていましたが、実際買ってみてびっくり。

PDF形式なので当たり前のことばかりですが、初めて読んでみて驚きが多々ありました。
  • 全ページがカラー。
    • ソースコードもカラーリングされていて読みやすい。
  • photo readingしやすい。
    • スペースキーひとつでページがめくれるので集中力が切れません。
  • 本を買うのに比べて半額。
  • 500ページもあるのに、重くない。
  • 目次や参照部分をクリックすると、目的のページにすぐ飛べる
  • ページ中のリンクをクリックすると、ソースコードもダウンロードできる
本って一回読んでしまえば、あとはPDF形式のほうがいいですよね。本棚で眠っていることも多いし場所もとるし。解像度の良い液晶ディスプレイなどが、持ち運びできるようになれば、電子書籍の時代がくると思いました。

iBookというノートPCがあったけれど、これが電車の中で立ちながら読める電子書籍readerに進化してほしいな。出版業界や、書籍流通、ビジネスモデルが激変しそう。ブログの上を行く、個人出版もできてしまう。コミックももっと読みやすくなる。 紙に変わる電子メディア。
ぐにゃぐにゃ曲がるディスプレイなどを開発している人が、次世代の長者ですね。

1 件のコメント:

dwainfrie2309 さんのコメント...

I read over your blog, and i found it inquisitive, you may find My Blog interesting. My blog is just about my day to day life, as a park ranger. So please Click Here To Read My Blog

License

Creative Commons LicenseLeo's Chronicle by Taro L. Saito is licensed under a Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 2.1 Japan License.