2006年5月17日水曜日

ラーメンが食べたい

ダイエット中には厳禁だけれど、ラーメンが無性に食べたくなるがあります。

そこで、上野のラーメン屋さんを紹介。

一蘭
スープも飲みやすいし、唐辛子の秘伝のタレとの組み合わせが絶妙です。ただ、客を大量にさばく体制のためか、経験の浅い人もスタッフに混じるようで、麺の水切りが下手なアルバイトさんにあたると、味がぼんやりしてしまって「あれっ?」と思うこともあり。 座席ごとに敷居があって、一人だととても入りやすい店だけれど、子連れでいくには荷物を置く場所狭かったり。。。

光麺
クリーミーな熟成光麺はなかなか。炭火焼チャーシューは、昔はおいしかったのですが、最近は、炭火の香りがついた肉!という感じになってしまって残念。でも、その日の気分に合わせて、あっさり系(元祖)とこってり系(熟成)を選べるのがいいですね。

山頭火
本店の旭川は、塩ラーメンのみです。山頭火といえば塩。だから、旭川は醤油、札幌は味噌と言われるように、旭川ラーメンの中では山頭火はかなり異端児です。 上野店のとろ肉ラーメンはおいしいのですが、脂がくどくなってくるので、2人以上で分けて食べるのがおすすめ。

一風堂
とんこつラーメンの完成度としては、一蘭に及ばないかもしれないけれど、ごまやにんにくなど、一蘭にはないトッピングでラーメンの味に変化をつけて楽しめます。

麺屋武骨
いつも行列の割には、ここのラーメンをそれほどおいしいと思ったことがありません。。。味は悪くないと思うのですが、健康に悪そうな味なのです。チャーシューの切り方、麺の水切は豪快で見ごたえがあります。まさに「武骨」。

上野 大勝軒
池袋の有名店ののれんわけのようです。つけめんが主役。甘酸っぱいスープに、ボリュームたっぷりの麺。これならお手ごろ価格なのですが、お店がさほどきれいでもないことと、どうしても、つけ麺という形態では、ラーメンの「熱さ」を楽しめなくて、僕はあまり好きではありません。本店とは味が違うのかな?

御徒町近辺では、

青葉
魚介系と鶏ガラ系のダブルスープにとっても期待していたのですが、どうしてこの程度のインパクトしかない味でそれほど有名になれるのか不思議です。東京のあっさり系のラーメンは、わりとおいしいとそうでない味が紙一重になる気がします。

ちゃぶ屋味噌専門
みそラーメンとしてはおいしいしお店の雰囲気も良いです。けれど、味にインパクトが足りない…。札幌のすみれのスープに、この店の面とトッピングだといい組み合わせの気もします。すみれは麺が太すぎてスープとよく絡まないのです。まぁ、ちゃぶ屋なら元祖の塩を食べてみたい気もしますが、ここは味噌専門なんですよね。残念。

六角家
お店がとにかく汚いし、ラードやらにんにくで臭い!ラーメンが来るのを待つ間に気分が悪くなってしまいました。味としては、ラードを多用する旭川の蜂屋とやや似ているのですが、蜂屋ではこんな匂いに悩まされることはなく、むしろおいしそうな匂いがただよってくる印象だったのですが。。。


湯島に来ると、

大喜
ここも有名店でいつも行列。あっさり系で、おいしいので、何回か来たくなるような味です。開店10分前くらいに行くと、すんなり入れるのではないでしょうか。

本郷通りには、
初代けいすけ風天破天とラーメン屋さんが並んで激戦区の様相がありますが、その中では初代けいすけの黒いスープが他店にくらべて際立っているかも。でも、瀬佐味亭の坦々麺がこの界隈では一番のような気がします。


このあたり(文京区、台東区)では、一蘭などとんこつ系がおいしいのですが、まだ醤油ラーメンでおいしいものには出会っていません。旭川の蜂屋くらいやみつきになるスープのお店が欲しいのですが。

4 件のコメント:

yi さんのコメント...

ご存知かもしれませんが、文京区だと白山通りにある白山ラーメンも中々美味しいですよ。
http://ramen.gnavi.co.jp/shop/jp/g621000n.htm

Leo さんのコメント...

>yi

貴重な情報どうも!
本郷通りの西側から白山通りまではかなり急な下り坂なので、地元民としては、なかなか足が向かないところだったのです。今度行ってみよう。

mikami さんのコメント...

突然失礼致します。
思わずラーメンの話につられてカキコさせて頂きました。
そんなに詳しいと言うわけでは有りませんが、ブログにラーメン日記も書いている位ラーメン好きです☆
まだ行ったことの無いお店も有るので、参考にさせて頂きたいと思います。
それでは失礼致しました。

Leo さんのコメント...

>mikami

いらっしゃいませ。ラーメン部活動の日記を見ました。
やっぱり「初代けいすけ」のラーメンは、少し重たいですよね。

大盛りとかライスがサービスなのに、そんなに食べられない気分になります。

License

Creative Commons LicenseLeo's Chronicle by Taro L. Saito is licensed under a Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 2.1 Japan License.